スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急な冷え込み 月相応 

いつの間にかもう冬だ



■誕生日

更新のネタはあったんですけど、めずらしく講義で宿題が出ていたので放置してました。

で、その間に実は誕生日が来てたんですよ。
21歳ですよもう。子供みたいなことは言ってられませんね。

ところで、誕生日の翌日がTOEICのテストだったんですよ。おかげで誕生日だってのに一人で勉強やらネットやら・・・。
まぁ前の週に実家に帰って家族で食事に行ったんですけどね。

とはいってもね、誕生日が何かのテスト前だったりするのはもう慣れっこですよ。

中学高校の2学期期末テストから始まって、高校を卒業して解放されると思ったら予備校の模試があって。
去年は何もなかったみたいで長々とコメントしてますが・・・。

去年の記事を見ると、誕生日の0時から飲みに行ったり、チャリが届いたり・・・となかなか充実してますね。
やっぱりバイトしないでダラダラ過ごしてるのは良くないわ。

まぁ今年は免許もとって、車に乗っていろんなところに行くようになりましたからね。
これでまた一つ大人の階段を登ったということにしておきますか。

・・・なんかちゃっちい成長しかしてないみたい。



■2日連続の吉見

さて、ここからは先週の話になります。
3連休だったところですね。

先にチラッと書いたとおりその週末は実家に帰っていまして、そして2回ほど車でドライブに出かけました。
そのときのお話です。

○22日(日)

妹の突き指だかなんだかで岩槻の病院まで車を出して、それから帰ってきたのがちょうどお昼頃。
16時ぐらいまで車が空くということなので、これまた出かけることにしました。

渡良瀬遊水地のリベンジはもう終わったし、近場で良い目的地を考えるのですが・・・これだから埼玉は・・・

というところでフッ、と思いついたのが
・吉見百穴
・さきたま古墳群
の2か所。

全国区どころか埼玉県民でも知ってるか知らないかぐらいのマイナースポット。
ああ、埼玉県民は埼玉郷土かるたで・・・って、どっちみちマニアックな場所ですね。

いやいや、吉見百穴は古代の集合墓地で国の史跡だし、さきたま古墳群は埼玉という地名の由来の説の一つと言われてるので、なんとなく行ってみたい気はしてたんですよ。・・・ちょっとは。

まぁ行くと決めたら行くのが信条。
どっちに行くのかは気分に任せて車を発進、国道17号を北上させました。

途中で「吉見」の看板を見つけたところで、そちらのほうにウインカーを出しました。
吉見百穴行き決定!

主に看板と絶妙(微妙?)な方向感覚を頼りに車を走らせ、出発から1時間くらいで吉見百穴に到着。

P1000566.jpg
かなり前だったと思いますが、実は一度ここに来たことがあります。
まぁあんまりよく覚えていないのですが、入口まで行ったところで、なんとなく雰囲気は思い出しました。

P1000567.jpg
ゲートをはいるとこんなんです。
一発で名前に納得できるインパクトですね。

この穴は、古代の墓ということです。
人が入るのがやっとの大きさですが、わりと自由に見学できる様。入りはしませんでしたが。

古代の墓といえば前方後円墳のような大きな古墳のイメージですが、それらが作られなくなった頃にこの百穴が現れたということです。家族などの「追葬」が容易だとか、「薄葬令」がでたとか、なんとか。

それから、ここの歴史が語るのは古代のみではありません。

P1000568.jpg
太平洋戦争の末期、航空機工場が壊滅的な被害にあうなかで、この吉見百穴にさらに穴を掘って地下工場が作られることが計画され、実行されたのです。

この写真のような大きな穴はその一部で、見学者が入ることができる区域のさらに奥の柵の向こう側は、暗い穴が遠くまで人知れず延びているようでした。
工事中にはいくつかの既存の穴が潰されたという話。

今では素掘りの穴ということで特撮のロケ地になったりもするんだとか。

P1000571.jpg
入口から階段を少し入ったところで撮った画像。
静かで説得力のある雰囲気・・・。

ちなみの情報として、この場所にはヒカリゴケというものが自生していて、それは関東ではかなり珍しくて、天然記念物になってるみたいですね。
ヒカリゴケの自生している穴は入れないようになっていて保護されていました。


見れる範囲は広くないのですが、雰囲気というか、静かで迫力のある、いいところでしたね。
実はこの時、制限時間の16時が迫っていて、けっこう急ぎでサラッと見てしまったんですよね。
もうちょっと落ち着いた時間で今度はゆっくり見てみたいと思いました。
今度があるかは知りませんが。。。


○23日(月)

勤労感謝の日ということで、お休みの日。
各所でイベントのある日でしたね。

P1000572.jpg
ヨーロッパじゃないよ。横浜だよ。

そんなわけで自分と妹そして母親の3人で、横浜スタジアムのベイスターズフェスタ(ファン感謝祭)に行ってきました。

これまた・・・車で行ったんですよ。しかも自分の運転で。
首都高を慣れたもの、とは思いませんが、どちらかといえば運転者よりも隣の母親のほうが緊張していたようです。
そりゃそうだ。

しかし埼玉から横浜は前の週でも往復してますが、まさかまた往復することになるとは。

P1000575.jpg
そんなわけで、ファン感謝祭です。ハマスタのグラウンドに入れる数少ない機会ですね。

たしか2年前くらいにもこうしてファン感謝祭に来たのですが、その時よりも内容が充実していた気がしました。
結局1時間ぐらいしかいなかったんですけど。

で、吉見選手と握手する機会があったんですよ。
来年のスケジュール表を配るとかなんとかだったんですけど、好きな選手なので素直に嬉しいんですよね。

来年も頑張って、とか、応援してます、とか言えばよかったのかもしれませんが、声が出ないとはこのことで。。。

顔の画像もあるのですが、こういうのを上げていいのやら・・・。
まぁいいか。

帰りの時間もあったのでちょっと早めに帰路につきました。
車は山下埠頭の臨時駐車場に停めてあったので、散歩気分で山下公園を歩きました。冒頭の画像はそのときのですね。
P1000578.jpg
ついでにベイブリッジの画像も。
みなとみらいの方を写した横浜らしい画像も撮ったのですが、失敗したので上げません。


埼玉に帰ってから先にチラッと書いたように家族で食事に行って、それからその日のうちに電車で横浜のアパートに戻りました。
横浜を一往復半とは、なんとも効率の悪い移動。。。でもしょうがない。




そんなわけで長くなりましたが、11月最後の更新でした。
コタツも出したし、風邪でも引いてしまいそうな寒さ。明日からは12月なんですね~。
スポンサーサイト

雨降って 身体固まる 

雨のせいか季節のせいか、むちゃくちゃ寒くなってきたね



■失敗した話

最近は車の話しかしていないので、そろそろ違うネタを書かないといけないなぁ。
・・・と思いつつ日々を過ごしてみたものの一向に思いつかないので、今回も車の話です。

で、まずは失敗した話。

そろそろコタツが欲しい時期になってきたような気がしたので、実家に置いてあったコタツ布団を引き取りに、埼玉に帰省。
その翌日にあたる日曜日に、車で自分ひとりで横浜に運ぶということになりました。

と、同時に、高校時代の友達から連絡があって、久しぶりに遊ぼうとのこと。
せっかくだから横浜までついていってもらうことにしました。

・・・。
免許取って2カ月で他人載せて首都高走ろうなんて、何してんの自分・・・。

まままま、中央環状~湾岸線を使って遠回りでいけば、危険は軽減できるはず。
都心とかいう鬼畜ルートなんて、まだ親連れても行かれないですからね。

そんなわけで、友達連れてレッツラゴー。
行きは事故渋滞が十数分あっただけで、それ以外は割とすんなり行けました。


アパートで少しゲームをして、日が暮れる直前に往路埼玉へ。
夕方だけど休日だし、ひどい混雑にはなっていないはず・・・。

・・・。
工事渋滞かよ・・・。

中央環状線の四ツ木付近でまさかの一車線規制。
抜けるのにかなりの時間を費やし、足に疲労がたまっていく・・・。

やっと抜けたという開放感のまま、JCTを曲がったその瞬間。


ま・・・間違えた。。。


なんとJCTを勘違いして、川口方面へ向かうはずが、あろうことか都心方面に向かう6号向島線に入ってしまったのでした。

これは・・・いわゆる死亡フラグってやつじゃないだろうか・・・。
よりによって友達乗せてるときに・・・。

幸い帰り道は知っているし、親父殿の運転する横で見たことのある道路ということで、瞬時に修正ルートが思いついたのはいいのですが、都心環状線をどうしようかという不安が頭をよぎります・・・

とその時、渋滞情報の看板が頭上を流れる・・・

ああ、良かった。
都心環状線は渋滞か。
低速でいけるのか。。。

ゆっくりしていってね。
というわけで、都心環状線に入る手前のJCTから渋滞が始まって、懸念だった急カーブや車線変更も低速で済まし、あとは5号池袋線を通って埼玉へ行くだけです。

・・・かと思ったら、その5号線方面へ行く竹橋JCT手前で渋滞が流れ出し、最後の最後で車線変更で神経を使うことになりました。
やっぱり怖いよ都心環状線。

で、その5号池袋線もまた流れがよくて、なおかつ急カーブの連続とあっては、気が抜けないものですよ。
隣には別の命もあるわけで、ハンドル持つ手が汗ばむ・・・。


数十分後。
そこには乗りなれた道路を走る自分の姿が。

友達もなんとか無事に送り届け、ついには何事もなく家に帰りついたのでした。
良かった。

もうしばらくは都心はいいですね。
はやく中央環状線の整備が進まないかな。

というか免許2カ月で他人乗せて高速走るなよって話か。



■成功した話

今度は成功談。

P1000561.jpg
とうとう果たしたぜリベンジ!

というわけで、3度目の正直、渡良瀬遊水地にやってきました。
やっと明るい景色を見れた。

上の画像は谷中湖を道の駅「きたかわべ」の前から撮ったものです。
奥のほうに小さく見える橋は、湖の中にある島につながる橋ですね。

P1000562.jpg
さらに北側に足を延ばして、調節池部分へ。
”池”といっても増水時に水をためる場所なので普段は水は無いようです。

この原っぱの中に道路があるようなので、次来るようなことがあれば通ってみたいですね。

P1000564.jpg
谷中湖。


さて、再三のリベンジも果たしたことですし、次にドライブするときは県内の観光地でもめぐってみますか。

・・・埼玉の観光地・・・って・・・なんだろう・・・?

増える技術 増える範囲 

週末ドライバーというかなんというか



■先週の話

今日の話をする前に、先週の火曜日の話。

前に、栃木・群馬・埼玉にまたがる渡良瀬遊水地を見に行って失敗した話を出しましたが、この日はそのリベンジを果たそうと思っていたんですよ。

しかし昼過ぎに出かけようとしたら、親父殿が先に使うとのこと。
すぐ終わるという言葉を信じて待っていたのですが・・・

帰ってきたのは16時過ぎ。
思えばこの日は休日(文化の日)。ゴルフの練習場も混んでたんじゃないでしょうかね。

だんだん日も短くなってきたこの頃ですが、もう意地ですよ。
西日が差す中、さいたま栗橋線を北上。


P1000548.jpg
・・・まぁ、こうなりますよね。

でもでも、今回は無事に着きました。
同じ間違いは二度はしませんでしたよ。違う間違いはしましたが。

ちなみに車を止めたのは、道の駅「きたかわべ」というところ。
P1000545.jpg
P1000547.jpg
遊水地の中にある「谷中湖」という湖の脇を走る県道にあります。
その前の画像も実は谷中湖を写したものなのですが・・・。


もう一回来る。
絶対に、もう一回来る。

この戦いは、まだ終わらせるわけにはいかない。



■都内

話は変わって、昨日の7日、日曜日の話。
先週に引き続いて、今週も性懲りなく実家に帰っていたのです。

この日の午前中は、突き指をした妹を病院に送るために岩槻まで車を出していました。
とうとう実用的に運転するようになりました。

日曜日で空いてる数少ない病院だったということで待ち時間が長く、時間つぶしに岩槻城址に行ってきました。
P1000555.jpg
P1000553.jpg
P1000556.jpg
城址なのですがそれっぽい建物はあんまり残っていなくて、テニスコートやら野球場やらに囲まれた中に門がちょこんと建っているのがやっとでした。
この門は県内のいろんな場所を転々と移築されながらも、城が健在した時のものが残ってるのだとかなんとか。うろ覚え。

変わった形の橋の周辺はそれっぽい地形が残っていて、なんとなく雰囲気は残っていました。

P1000550.jpg
駐車場にこんなのも発見。

東武鉄道の元特急用車両だそうで。
外見はだいぶ痛んでいますが、内装はちゃんと手入れされているようです。


岩槻から帰って昼飯を食べた後、午後もまた車を出しました。

買い換えた実家の旧PCを祖父母と叔父で引き取るという事になったので、都内の祖父母宅まで運転することになったわけですが・・・
どういう訳か、自分一人で運転することに。車と荷物がどうなっても知らんぜ・・・。

そんなわけで、今回はじめて都内を運転してきました。
車は多いわ、人は多いわ・・・狭い道路がより通りにくくなる・・・。

それから、行きは新大宮バイパスと川越街道、帰りは国道122号と環七、というルートを通ったのですが・・・

国道122号の、東北道沿い部分の流れの速さがなんとも。
若干遠回りな気がするのですが、到達時間は変わらないんですよね。


まぁとにかく、車での用事もこなせるくらいにはなってきましたよ。
車の多い所や流れの速い所も走るようになってきました。

余裕が出てきたところで、事故の危険も増したかも?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。