スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文明の 利器がしだいに 増えていく 

犠牲になるのは
部屋のスペース



■やっぱり季節は

新年になって、ウチにもとうとうコタツがやってきました!
やっぱり冬といえばコレですよね~。

実は先日祖父母宅へ行った時に、使っていないコタツを譲ってもらったんですよ。
それが宅配便で昨日届いたわけです。

そんなわけで、このコタツはタダなんですよね。
そのかわり小さいし古いしテーブルの柄もイマイチなのですが、それは仕方がない。

ただ、コタツの下に敷くマットだけが無いので、明日にでも買ってくるつもりです。

コタツあったけぇ(笑



■ひさびさ

久し振り・・・ほんっとにひっさしぶりに、高校の頃の山岳部のメンバーと会ってきました。

まぁハタチ過ぎてるんで、何をするかといえば当然「飲み」なんですけどね。
それぞれの行動範囲を考慮して、新宿での飲みとなりました。

新宿のような都心の中心で鉄道が集中する場所は、グループが再開するには便利なんですよね。
だから多分、「久し振りの再開」という人が多いんでしょうね。

そんなことはいいとして、久々はやっぱり楽しかったです。

なんだかんだで卒業してから2年近くが経つわけですが、2年だとそう変化もないわけですよ。
飲んで世間話をして、まぁ結局はそれで終わったんですけど、それでも充実したひと時でした。

次に会うときはお互いどう変化しているか・・・気になるところです(笑

またやりたいなぁ、って思える飲み会が一番いいですね。
スポンサーサイト

新春の 年のはじめの お正月  

雑煮もおせちも
実家の卓上



■新年が明けました。おめでとう。

5日にもなって、ようやく新年最初の更新です。

いや、この4日間はPCに触れてなかったんですよ。
そういう暇がなかったっていうか。

以下はこの5日間の話ということで。

まず1日。
なんだかんだいって、実家での年越しになりました。

新年が明けて早々の午前1時に、友達と連れ立って近所の神社に初詣に行きました。
去年に引き続き、2年連続で同じ行程でした。

ところで、その去年の時におみくじを引いたのですが、実は365日たった今年までそれを持ってたんですよ。大吉でしたからね。

そのおみくじをどうしていいか分からなかったので、とりあえず神社のたき火に。
おみくじは1年たったら処分、なんて話もあるみたいですが、こんな感じでよかったんやら。。。

それから参拝。

参拝した後に、今年のおみくじをひきました。
今年の運勢はいかに?

・・・吉。

まぁ悪くはないってことですかね。
去年はいろいろあったから大吉で心強かったですけど、今年はそう変動も起こりそうにないので、これでいいかな。

といいつつも、さらなるご加護を期待して、境内に結び付けてきました。
今年はいい年になるといいな。

そして寒くて暗い中、家路をとりました。

帰ったらそのまま寝て、結局元日のその後は外に出ずゴロゴロとしていました。


翌2日。
元日からのおせちと雑煮攻勢に、さすがに飽きてきていました。

2日から4日にかけては、都内の祖父母の家におじゃましていました。
妹の高校受験の関係で湯島天神と亀戸天満宮をハシゴした他は、家でゴロゴロとしていました。


4日の夕方に埼玉に戻り、その後すぐに自分も横浜へ帰りました。
年をまたいでの6日間の帰省も、あわただしい最後となりました。

そして今日5日からはまた学校生活ですよ。
始まるの早い。。。というか期末試験も割と近いんですよね。。。

ともかく、やっぱり正月は家でゆっくりと過ごすのがいいですよ。
ちょっと贅沢かもしれませんが。



■湘南新宿ライン

4日に埼玉から横浜に帰る際に湘南新宿ラインを使ったのですが、ちょっと奮発してグリーン車を使ったんですよ。
いやまぁ、もう夜だったんで普通車でも空いてはいたのですが、正月ということでラクに・・・ね。

・・・・・・・

しかし、グリーン車は贅沢だ。

普段は頭があるであろう高さに足を投げ出し、それよりさらに高い位置から景色を見下ろす。
倒した背もたれに身を任せ、ゆうに楽な姿勢で好きな音楽に耳を傾け車販の缶チューハイをあおる。

まぁ2階席で多少揺れるのと、車内では缶チューハイがスーパーの1.6倍の値になるのが欠点ではあるのだが。

それにしても、最近では警備員を搭乗させるようになったようだ。グリーンアテンダントの女性の後方5、6メートルの距離を置いて、常に男性警備員が目を光らせていた。
そういえば、何時だったか事件があったような気がする。やはり世の中は物騒なのだろう。

大宮を出てから買った缶チューハイが舌に馴染んだころ、新宿を過ぎた。
ここはやはり客の入れ替わりが激しい。客だけではなく乗務員も入れ替わる、湘南新宿ラインの中心。距離的にもちょうど中間にあたる。

夜の帳の中を、渋谷・恵比寿・大崎と過ぎていく。
駅に止まるたびにホームのこうこうとした明りに照らされるのだが、2階席ではなんだかそれも落ち着いているように感じる。

山手線から離れると、背もたれから飛び出して見える客の頭も少なくなった。
とはいえ都内と比べてであり、この時間にしては思ったより利用があるように思える。

缶チューハイを飲み干す頃に、横浜に到着した。
おおよそ1時間10分の乗車だったが、いつもより短く感じたのは、やはり特殊な条件が心理的に作用したのだろうか。

特別に静寂に保たれたグリーン車からホームに降り立つと、こうこうとした明りに照らされ、すこし騒がしさに囲まれたが、列車が走り去るとまた静寂としていた。
どこか寂寥感を感じる夜のホームには、もう用はなかった。

・・・・・・

日記用にグリーン車の感想を考えていたのですが、車販で買った缶チューハイを一人前に飲みながらだったのでこんな文章になりました。
ナナメの効果がちょっとしたフィルターになるかと思います。

グリーン車といえば都心と距離のある郊外での行き来で使うイメージがありましたが、都心を貫くこんな使い方もあるんですよね。まぁ湘南新宿ライン独特となるわけですが。
メインは混雑回避のためのものなので、まさにうってつけの使い方だと思います。

にしても、グリーン車は高いっすねぇ。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。