スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンネリを洗う水無月雨もよう 

いやぁ、ここ埼玉は風が涼しい夜ですよ。
雨のお陰ですかね。

梅雨入りしたってのに、なかなか雨が降らない印象です。
あ、先週は雨が降って、それで余計に困った人も多かったんでしたっけ。
でも、それ以来じゃないですか?

気が付けば、ちょっと前には想像でしかなかったような典型的な異常気象に、現実に見舞われいる日々。

地球から脱出するか、環境が回復するのか。
自分の生きている間にどちらかが起こる事は、果たしてあるのでしょうか・・・

■扇風機

クチャッペは6月29日17時05分、とうとう自室のストーブを片付けて、扇風機を置くことを決めた。扇風機の登場は昨年秋以来である。
すでに部屋にはうちわが常時配備されていたのだが、依然として暑さや湿気による不快感が解消されない状態が続いていて、それなのに未だにストーブをしまわないのはおかしいではないか、ということになったので、部屋主もようやく重い腰をあげることとなったわけである。
同部屋はとても狭く、ストーブと扇風機はどちらか一つしか置けない状態であり、また扇風機は取り出しや組み立てのほかりホコリの拭き取りもしなければならないことから、部屋主は扇風機を出し渋っていたのであった。
扇風機の設置は予定よりスムーズに進み、数分で稼働を始めた。部屋主は喜びのあまり、扇風機の前で「あー」をしたという。


今回は少し違う趣向で。
夜はともかく、昼間は凄い湿気だったもんですから、とうとう扇風機の登場となりました。


■憂鬱?退屈?

最近どうもですね、何をやるにも気分が乗らないわけですよ。
というか、毎日の習慣と化した事以外をする気になりません。

朝、辛いけど起きて、メシ食って体裁整えて、朝ドラを見て、出掛けて、電車に乗って、予備校行って、帰って、寝て、起きて晩メシ食って、風呂入って寝る。
これ以外の事は、最近やってません。

なんというか、早く大学に行って勉強するなり遊ぶなりバイトするなりしたいなぁと。
これらの願望を高校の頃から思っていたもんだから、間に一年間もの割り込みが入ってしまって、しかもそれを乗り越えないと先に進めないと言う現実に、多少の憂鬱を感じているのかもしれません。

分かりやすく言うと、はやる気持ちを抑えて障害に耐える、ということが苦手なようです。
あとは単に受験勉強漬けの毎日が嫌いだとか。

まぁこの傾向は小学校に入る前からあったので、先天性だと思います。

でもって最近は、なんとなくつまらない日々を過ごしてます。
新しい事にも興味を示さなくなってる気がする。

同じことの繰り返しで脳が退化していったら嫌だなぁ、とか思いつつも、すっきりしない生活。
日々のマンネリ化という最悪の事態。

「浪人は大変だよ~」という体験談が意味する事が、なんとなく分かった気がしてきました。
とにかく困ったもんです。


ところが、今日は予備校が休講日。
先週は事故で受けれなかったし、今日は休講日で、金曜の講義はもうメチャクチャ。どうなるんだろう・・・

と、心配もしましたが、今日は何故かスッキリしていて、モノに対する意欲がドンドン湧いていました。

漫画立ち読み、図書館、カラオケ、美容室の予約、そして扇風機・・・。
今日は久しぶりにいろんな事をした気がしました。

そして明日は派遣バイトだし(の予定でしたが、仕事来ませんでした・・・)、日曜は美容室と、この週末はいろんな予定が入っています。
脳に刺激を与えるいい機会になることを期待します。

まぁ月曜にはまたマンネリモードに戻ってる気がしますが、それも夏休みが終わる頃には完全に解消する予定。勝算はあります。

兎にも角にも、
「きばっていこー」
と。今はそれしか言えません。
スポンサーサイト

昨日の事故 

■身近な路線の大遅延

昨日になりますが、宇都宮・高崎線の大宮駅付近で架線が切れる事故があり、京浜東北線、宇都宮・高崎線、湘南新宿ラインの各線が、長時間運転見合せになりました。

関東のニュースではかなり取り上げられてたので、知ってる人も多いかと思います。

実は自分も影響を受けまして、朝からなんともメンドイ目にあってたりしてました。

朝。
予備校への通学で蓮田駅に行ってみると、例によってヒトが溢れ返っていました。

遅延だと分かって、さらに
「運転再開のメドは立っていません」
ああ、これはダメだと。

蓮田駅からはバスに乗って東武野田線やニューシャトルに乗る振替ルートがあるのですが、バスが異常な混雑になるだろうと思い(この前の事もあるし)、なんとなく乗る気にはなりませんでした。
で、いつ動き始めるか分かんないけど、とりあえず冷房のきく列車内で待つ事にしたのです。

40分後。

中線の2番線には上野行きの列車が止まっていたのですが、それが宇都宮行き・下り列車になりました。

まさかの蓮田折り返し。
やっぱりバスでは立ち行かなくなったんでしょうね。
この“蓮田始発”に乗って久喜乗り換え―東武伊勢崎線への振替を誘導していたので、今度はこの誘導に乗ることにしました。
なんたって東武伊勢崎線に乗る機会なんて滅多にないですからね。

ということで乗ること約10分。久喜に着きました。
蓮田以北に行くのは久しぶりかも。

久喜までは、ダイヤ乱れの割には大した混雑ではありませんでしたが、そのほとんどの人が久喜で降りたのでした。

ですが、しばらくすると何故かホームの人の流れが止まってしまったのです。

15両編成のほとんどの乗客が降りたもんだから、ホームは両縁ギリギリまでヒトが溜まり、しかも流れが止まったままで全く前進する気配がありません。
まるで某TDRみたいな気分ですよ。

そして20分後。

やっとホームの階段に到着(汗
改札に行くのにこんなに苦労するとは・・・

後ろを振り向けば未だに長蛇の列。
「自動改札が普及する前」って感じの映像でこんな光景があった気がします。

橋上駅舎に上がると、駅員が一人で「振替乗車券」を配っていました。
これじゃ混むに決まってるわ。

久喜からは東武伊勢崎線で春日部を目指します。

区間急行を待っていると、ふと隣の宇都宮線ホームが見えました。
よく見ると、電光掲示板の行き先が「蓮田」になっていました。

これは凄い感動ですよ。
死ぬまでに見ておきたい光景の一つを見れて良かったです。
「蓮田行き」なんて、後にも先にもあるのかどうか。

そして、区間急行で久喜を離れました。
途中、東武動物公園で50000系急行に乗り換え、春日部で降りました。

春日部まできたら、もう大宮は近い気分です。
てなわけで野田線に乗り換え、久喜のホームで行列していたのと同じの約20分で大宮に着きました。
大宮がこんなに遠く感じるとは。

さて、大宮のパニックぶりといえば、それはもう皆さん疲れてぐったりとしていらっしゃいました。
そりゃね、もう“お昼”でしたから。
ああ、大変だ。

それでもまだ一部では混乱があって、自分が西口改札を通ったときはテレビカメラがスタンバイしていました。

ちなみに、予備校はもう講義時間の70%が過ぎていたので、今日は諦めました。
休講とかのお知らせもなかったようなので、どうなるか心配です。

大宮駅に戻ると、相変わらず
「復旧の目処は立っていません」
でした。

帰るのに「振替乗車券」をもらおうと思ったのですが、テレビカメラが回っていたのが嫌で、終わるまで待っていました。

後は野田線岩槻→バスで帰ったのですが、時間はかかるわ、バスはなかなか来ないわ・・・いかに宇都宮線が自分にとって便利かって事が分かりました。

さて、今回の事故ですが、架線と架線の掛け換え目の部分にパンタグラフが停まったためだということです。
まぁ・・・そこのところはテレビで見て知ってる人も多いかと思います。

ちなみに報道では誤解を招きかねない取り上げ方をしていましたが、架線が切れたからといって、それだけが全線にマヒが及ぶ要因になるわけではないのです。。
現に、京浜東北線の南浦和以南で、宇都宮線の場合はほんの僅かでしたが蓮田以北で、比較的早くから運転をしていました。

つまり、架線が切れたことによってその区間がストップすると、渋滞のごとく後続列車が動けなくなります。
さらに、終点以外の折り返し設備がないと、反対方面の列車に使う車両が無くなり、反対方面もストップするわけです。

その逆を言えば、折り返しさえ出来れば、渋滞していた列車が反対方面に流れ、僅かでも運転再開ができます。
今回は蓮田が特別に折り返し駅(上下線の亘り線があるor上下線共通の待避線がある)の役割を果たしていたわけです。

また復旧の作業や、もしくは立ち往生した列車の乗客が線路上を歩いたことにより、隣の線路を走る京浜東北線や湘南新宿ラインが止まり、さらに湘南新宿ラインの影響で東海道・横須賀線と埼京線、埼京線の影響で川越線にまでも被害が及んだわけです。

今回の事故でいろんな人が苦労を味わったかと思います。
学校や仕事に遅刻したり、体調不良になったり、大会に出場できなかった学生もいたようです。

たった数十メートルのミスでの、大きな被害。
いかに首都圏の鉄道が“歪み”に弱いかが出てしまった事故ではないかと思います。

ごわりれいぶれいりん 

■横浜ベイスターズ5割!

いや~、劇的な5割復帰でしたね!
サヨナラホームランって、いかにもノリノリのチームって感じです。しかも打ったのが小池ってのがまた凄い。

、点を取られてもすぐ追い付く、の繰り返しの試合展開。
そして終盤は中継ぎもうまく抑えきれたからこその勝利ですね。
大矢監督はやっぱイイ!


さて、これでやっとこさの5割復帰です。
8連敗とか6連敗とかしたときはまた定位置に収まるかと思いました。しかも首位グループから一気に転落してるから、さらにタチが悪いなと。
でもなんとか5割に戻して、順位も3位まで上がって来ましたね。良かった。

まぁあとは更に上を目指すだけですが・・・何でしょうねこの2位と3位の間の高い壁は。

巨人と中日の2チームだけが強くても面白くないんですよね。
今日だって、せっかく横浜が勝ったのに、巨人も中日も勝っちゃったら差が縮まらないじゃないですか。


まぁ・・・でもあれですね。
今年はクライマックスシリーズがあるから、3位でも日本一になる可能性はあるんですよね。
ペナントの後の新しいシリーズ、純粋に楽しみです。

このまま現状維持・・・ってわけにはいかないのか。

きっと睡魔にも殺傷能力があるよ 

■Who

疑問詞の“who”って、とんでもない単語ですよ。

能動態では主語(S)になりながら、
受動態では修飾語(M)になるんです。

主語(S)にも
修飾語(M)にも

Sにも
Mにも

おっとっとぉ。

・・・思ったより面白くないですね。
ちなみにwhen,where,why,howは、能動態でも受動態でもMだそうです。

■Blue light

最近、昼寝する癖がついてしまいました。

これがまた4時間ぐらい寝るんですよ。
で、起きた時は真っ暗、夜の7時になってたりします。

そんでもって、こんなに寝るもんだから今度は夜に眠れなくなって、結局朝は寝不足に。
眠くて眠くて、昼にはバタンキュー・・・と、悪循環が続くのです。

昼寝は好きなんですが、問題は夜ですよ。
ベッドの上で眠れなくて悶々とした時間が過ぎていきます。

そのうち、明らかに長くなるような考え事を始め、ますます眠れなくなります。
(ちなみに、この前は「理想」という言葉について深々と考えていました)

この時に考えたことは10時間くらいすれば大体忘れてしまいます。
もしこれを全部覚えてれば、どんなにいい人生になっていたことか。

そうして何時間も過ぎていき、打った寝返りは数知れず。
ついに午前4時頃、衝撃的な光景を目にします。

それまで外の街灯の光を映していた窓の色が、気がつくと明るい青に変化しているのです。
同時に部屋も明るくなってきます。

とうとう空が明るくなるまで起きていてしまった・・・。
軽くショックですよ。
日が昇ると、もう寝る気すら起きなくなります。

これが冬ならまだいいですけど、今は夏だから日の出が早いんですよね。
だから夏ってやつは・・・

部屋が西向きで、日差しが直接入らないのが救いになります。

せっかくだから早朝の散歩でもしようと思って起きてはみるものの、着替えるのが面倒くさくなって、やめます。

で、やっぱり寝ない訳にはいきませんから、一応頑張ってみます。
すると5時くらいに意識がなくなって、そしていつもと同じの7時半にアラームで目が覚めます。
辛いのなんのって。

というわけで、今の課題は生活リズムの立て直しです。

健康診断とかメンドイし 

■健康に気をつけて

最近また更新の間隔が延びていますが、決して風邪のせいではありません。

ちなみに自分の風邪は喉から始まって、次に鼻に来たところでピークを迎え、鼻が落ち着いたら喉が治まり、最後に咳がでて、それが無くなったら完治♪という具合で進行していきます。
で、今は咳まで進行中です。完治まであと少し!

この時期は気温があまり上がりきっていないのに冷房を入れ始めますから、冷房で冷えた体が外で戻らなくなって、それでよく風邪を引いてしまうんですよ。
スポーツをやらなくなって、体がデリケートになってしまったのか。

まぁ、風邪引いてもやる事は普段となんら変わらないんですけどね。

健康話のついでに、先日予備校で健康診断がありました。

予備校ってのは実は専修学校だかの扱いになっているようで―――だから公的な身分証明も学生証でできたりするんですが―――高校とかと同様に、学校ナントカ法?によってイヤでも健康診断をしなくてはならない立場にあるらしいんです。

塾のデカいやつだと思ってた予備校ごときで健康診断をやるのは妙な気分ですが、レントゲンや血圧や尿検査もやったりと、そこは意外にも本格的にやっていました。

まぁなんにせよ、浪人生は体力が落ちて病気になりやすいらしくて、その上健康診断なんか忙しいか面倒くさいかで、わざわざ病院に受けに行く人なんか皆無だろうから、予備校でできるのはありがたいことではありますね。

自分は風邪引きさんのまま受けたのですが、異常は無かったようなので良かったです。

しかし、尿検査まで校舎でやらされるとは・・・

今は思考回路がズレてるかも 

■風邪

さて、早くも6月に入りました。

新しい月になって早々ですが・・・実は風邪をひいてしまいました。

いくら測っても熱はないので、巷でウワサの麻疹君ではないと思います。
でも喉は痛いわ、咳はでるわ、鼻水はノンストップだわで、大変な苦労をしている状態です。

最初は横浜スタジアム二日目の朝から喉が痛くなって、それからあれよあれよと言う間に悪化しました。
今は鼻水が最も酷く、苦しみの要因となっています。

なんてったって、ノンストップなんですよ。この鼻水。
昨日一日でティッシュ箱を二箱ぐらい消費して、春先から溜め込んでいたポケットティッシュはほぼすべて使用済みにしました。
もしかして花粉症か!?という疑いもありますが、それならトイレや風呂場でもノンストップなのはどういう事でしょうか。

一瞬、ノンストップ=無停車と訳してしまうのは、鉄ちゃんの性なんです。どうでもいい。

とにかく、くしゃみもよく出るのですが、これまた一々大変なんですよ。
自分はくしゃみはあまり上手ではないので、そのときは大きな音とか声が出てしまうのですが、なんせ喉が痛いですから、くしゃみする度に喉に物凄く激しい痛みを併発するわけです。

そこで、くしゃみの際の高圧力の息を、鼻に通してしまうのです。そうすると喉(声帯?)に負担はかからなくなります。
しかし、鼻には当然ながら鼻水が詰まってますから、それがドワーッと出てきてしまいます。
勿論ティッシュでふさぐわけですが、間に合わなくなると・・・垂れます。

自室の床に垂れた鼻水を、しゃがみこみながら拭く浪人生。なんちゅー絵だ。

「お兄様、お姉様、自分も舞踏会に行きたいのです」

「何を!浪人生なんか床掃除して勉強でもしてなさい!」

「くっ・・・大学にさえ受かれば・・・」

あぁ可哀想な浪人生クチャッペ。
と、突然そこへ魔法使い「ヨビ公」が現れました。

ヨ「魔法であなたの偏差値を上げて、有名大学に受からせてさしあげましょう」

こうして魔法の力で有名大に受かったクチャッペは、幸せなキャンパスライフを過ごしたのでした。
めでたしめでたし。

・・・きっと、こんなバカ丸出しのお話を考えてるから受からないんでしょうね。
大体、舞踏会って・・・あぁ、きっと全て風邪のせいだ。
現実は実力の世界です。

そういや明後日は模試だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。