スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予備校って結構スゴい 

■予備校って場所

去年の秋頃に理系を諦めて文転して以来、自分は文系を勉強しています。

元々は理数教科も嫌いではなくて、それで高校では理数系主体のクラスにいたのですが、勉強不足がたたって点を取れなくなっていきました。
それで、同じく勉強不足なのにも関わらずスランプ知らずの現代文・社会に目をつけ、一転して文系を目指すことになったのです。

それで、なぜ最初から文系クラスにしなかったかというと、実は英語がものすごく悪かったんです。
国・社の成績に英語を加えるだけであら不思議、偏差値が10近く下がります。

足を引っ張る、というか、足に接着剤かなんかを付けられて完全に動けなくされてましたね。英語には。
そんなこんなで、英語はかなり苦手でした。

そして、今年度から予備校に通い始めました。

予備校でも当然文系コースに所属し、必修科目も文系なわけですが、なんと毎日必ず1コマは英語が入っています(汗
毎日英語に浸かっています。

だが、しかし。

辛いのは確かにそうなのですが、授業が分からないことはほとんど無いのです。

予備校の講師はプロフェッショナル。その名の通り、大学受験“のみ”を相手にして食べているのです。
そこが高校教師との違い。教えることに特化しているのです。

教え方がものすごく上手い。
下手な高校教師みたいに「何言ってるのかさっぱり解らない」なんて事は1週間でただの1回もありませんでした。

文法にしても長文にしても、難解な表現がでたらまず考え方の根拠から始まり、それからプロセス、そして結果までをしっかり確実に教え、さらに的確な例文も付けてくれるので、よく理解できます。

あとはこっちがちゃんと予習・復習をすれば大丈夫、という構図です。
だてに金取ってない。

さらに、どう言えば心の底から理解してもらえるか、生徒の心に届く言い方を知っているので、しっかり理解させることが出来るのです。

そして。
教え上手、ということは、話し上手でもあります。
ということで、「面白い話」をするのが非常に上手いです(笑

講義の最中に雑談を混ぜる講師も結構いるのですが、さすがは話しのプロ。
ちゃんと組み立てて話をするので、オチではどんな人も吹き出します。

“心に届く言い方を知っている”ので、笑わせるツボも分かっているに違いありません。

中には厳粛な雰囲気を尊重して雑談を入れるのを嫌う講師もいます。
しかし自分が1週間見てきた中では、「話しの面白い人ほど講義が解りやすい」ということが感じられました。
それだけ深いところまで影響させられる技量を持っているということです。

結論:予備校で学べること
①受験に必要なだけの学力
②上手い話し方
スポンサーサイト

うっ、しまった・・・ 

■センター・・・

今日は講義は、2コマ全部が英語系統でした。
180分の英語。きっついわ~。

そんでもって、今日で予備校生活が1週間を迎えました。
これですべての講義を一通り受けたのか・・・と思ったら、なんと受けてない講義がひとつだけありました。

それはセンター向けの英語の講義。
もともと「選択科目」であり必修の時間割に入っていないので、1週間のうちに1回受けるのならば、好きな日に受けることが可能なのでした。

本当は昨日受けようと思っていたのですが、用事が入ってしまったので断念。
というわけで、残るチャンスは今日のみとなったのでした。

夕方から始まるその講義に出席すべく、昼でいったん帰っていた自宅から再び予備校へ。
講義開始の少し前に教室に着き、ドアを開けてみると・・・

超満員。
いや、ちらほらと空席はありました。

・・・ムリムリムリムリ!!
だって教室の空気、よどんでるもん。二酸化炭素が充満してる感タップリですよ。※注
それに開いてるったって、3人席の真ん中の席ばっかりだし。

こんな環境じゃ勉強どころか、酸欠とかその他もろもろの理由で途中退室は必死ですよ。
しかたなく、第1講は諦めました(涙

いや・・・第1講は結構重要だから、録画の授業を受けるか・・・。メンドイな


さて、明日から2週目。最初の講義はガイダンスとか自己紹介とかがありましたが、2週目からは90分フルで講義をすることになります。きっついわ~。
頑張れ自分!

※二酸化炭素は無味無臭

夢と誇りと大ジャンプ 

■土日

予備校が始まってから初めての土日でした。

まぁまだ始まってから3日しか行ってないからか、毎週土曜日にあるテストっぽいのもなかったし、なんとなくそういう気分だったので、高校時代の友達とカラオケに行ってきました。
土曜日のはなし。

何日か前の記事で「前の友達に自分から誘うことはしない」みたいに書きましたが、舌の根乾かぬうちにもう破ってます(笑

まぁ・・・まだ4月ですし、みんな暇はまだあるみたいですから、許容範囲ということで勘弁を。

・・・って事を予測してあのとき書いてたんですけどね。本当は。

まぁそれはよしとして、その日はカラオケしてメシ食って、帰宅したのは22時になっていました。
ブランク1ヶ月とはいえ、なかなか話題も多かったです。

みんなねぇ・・・4月から早くも実習やら教習所やら、なんだかんだで着実に先に進んでる感じがするんですよ。
そのスピードはこの先どんどん早くなっていくはず。
自分はというと、未だ足踏み。

いずれは“遅れ”も目立ってくるはず。

しかーし。
今の足踏みで力を溜めて、9か月後に一気に放出。大ジャンプかまして一気に距離を稼いでみせます。
そしたら、あるかないかほどの自分の能力を信じてやっていけば、きっと誇れる人生になっているはず。

まだまだこれから、ってヤツですよ。
・・・若いな自分(笑

明日からまた予備校か。
耐えなきゃな・・・

辛いのは最初だけ? 

■予備校

予備校に通い始めてから2日になりました。
しかし・・・

長い・・・。
長すぎる・・・。

もうそろそろ1週間がたったんじゃないか?
っていう感覚です。

というのも、久しぶりの授業で1コマ90分ですから、1コマあたりの時間がむちゃくちゃ長く感じるわけですよ。
実際には90分の時間が、体感では倍の3時間ぐらいに感じます。

それを、昨日は4コマ、今日は3コマですよ。
体感21時間。そりゃ疲れるわ。

まぁ体力が落ちた、ってのもありますけどね。
もともとアキっぽい性格だし。

でもでも、1日に3コマも4コマもあるのは水曜日と木曜日、それから火曜日だけで、週6のうち半分しかないんです。
残りの曜日は2コマ。半日で帰宅できます。

よく考えれば、文系3教科で週6日もやるんだから、時間も少ないに決まっています。
もしかしたら高校よりも楽かもしれません。

とにかく、まずは慣れることが大事なようですね。
例え英語が毎日あろうとも。

上がってほしいのは偏差値とテンション 

■開幕

さーて、今日からとうとう予備校が始まりました。
これからの激動の1年間に乞うご期待!

だいたい前日まで半ば遊び放題だった奴が、今日から1年間に渡って毎日勉強し続けられるか
って事ですけどね、まぁそこは気合いしか無いですよ。

てなわけで、ヒッサビッサの「授業」です。
さすがに3ヶ月のブランクは大きいですね。「例」と書こうとして無意識に「側」とか書いてるし、同じように「係」を「後」と。
もう漢字能力やら板書やらも鈍ってましたね。

まぁ、これからイヤってほど繰り返していくので、大丈夫でしょう。


さ、志望校に向けて今年一年、気張っていこー!

休みが終わる 

■明日から

今日は昼に起床。夕方までマンガを読んでいて、夜はテレビを見ていました。

2月から長きにわたり続いたこんな“休みの日”も、今日で最後となりました。

明日は予備校の説明会にあたるオリエンテーションがあり、そして明後日からは本格的に予備校に通い始めることになります。
明後日からは週六で予備校に行き、来年の3月頃まで勉強する事になります。

今まで休みが続いていたのが、いきなり日常的に動く生活を始めるわけです。
なんだか突然突き落とされる気分・・・

まぁ今の自分の肩書きと、そこから生まれる“遅れ”感――毎日キャンパスライフを送っている友達に対する“遅れ”――を考えると、寝てる場合じゃ無いんですよ。

とにかく、「やるべきこと」を「やらなければ」いけません。
それが出来るか・・・それがこの1年の課題です。


でも、面倒臭いのは事実。
とくに明日のオリエンテーションが。

疲れた脳って信用できないね 

■今日

昨日は休みましたが、今日も派遣バイトでした。

前回の仕事場と同じ場所。
中学の補助教材の梱包をしました。

難しい作業では無いのですが、ずっと同じことをしているので、単調で飽きますね。
こういう仕事は精神に疲れが来ますね。

さて、来週あたりからはついに予備校が始まります。
その準備とかがあるので、今後しばらくは派遣バイトはしないつもりです。


それにしてもこの4日の間に3回と、一気に集中的に働いたら、ちょっと疲れましたね。
なんせ2月からずっと休みだったんで、体も疲れやすくなっているわけです。

これから予備校週6日でなおかつ派遣バイトも入れたりすると、いやでもスタミナが付くでしょうね。

勉強だけはバテないように、派遣バイトもほどほどにするか・・・


■描写というか、クイズ


日本の根底を支える黒色の建物が、白い息を吐き出して遠く空の下に連なる。
その直下には、人間が強引に“河”に変えた、かつての海が窮屈そうに流れている。

河のこちら側には、古びた茶色の太いコンクリートが走る。
その上を滑る乗り物からもおそらく、こちらの景色がよく見えているはずである。
なぜなら、向こうとこちらの間には茶色の草や土が百数メートルにわたり広がるのみで、視界を遮るものは一切無いからだ。

眼下には黒く硬い地面が広がる。その上には白銀の鳥が立っていて、緊迫した雰囲気を漂わせる。
ある者は精神を集め天を仰ぎ、またある者はこちらを向いてその細く長い翼を休め、“えさ”を待つ。

ステンレスの柵に阻まれたこの場所には、至近では滅多に見ることの無いこの鳥を見て、目を輝かせる少年少女がいる。
彼らは一生懸命に観察し、記憶に止め、いつの日か“えさ”になることを夢見ているのである。




・・・この文章がどこの情景を描いているか、分かるでしょうか?
一応、自分の最近の記憶の中に残る某所の景色を描写したつもりです。

まぁ、このブログをよく見ている読者なら分かるかもしれませんね。
答えは次回発表予定。

精神的な疲労、久しぶりの感覚 

■派遣2連発

昨日・今日と、派遣のバイトに行ってきました。

しっかしね~、今までグータラやってて、いきなり2日連続で長時間の立ち仕事はやっぱキツいっすね。

しかも、最近ブリーチを再読しはじめて、友達から借りたマンガを遅くまで読んでたりして、昨日も今日も寝不足だったんですよ。


にしても・・・仕事してるときの時間の流れが遅いのがイヤですね。
夜行バスで11時間も外を見てた時よりも、仕事の1・2時間の方が長く感じますよ。
それが8時間なんだから、精神的にも疲れます。

社会人って、凄いなぁ。大人をナメちゃいけないですね。


■か

そろそろ髪が伸びてきた感じがしたので、さっそく明日の午前中に予約を入れました。

定期券が復帰したので、大宮がかなり近くなりました♪
定期券が使えない時期は自転車で30~40分掛けて行くような事をしていましたが、もうあんなことはしな・・・

いや、まぁ、あれはあれでいい運動だったからなぁ・・・。
たまにはやるかも。

何もなくても更新する 

■休日

最近はほぼ毎日ブログを更新できています。
やっぱりそれだけ毎日に張りがある、ってことですかね。
帰省したり、予備校のテストがあったり。

この1週間で共通していることは、朝ちゃんと起きている、ってこと。
昼に起きるような日はなんとなくダラけてしまいがちですからね。

さて、今日は久しぶりに何もない日。
用事も特になければ、誰かに会う予定もなくて、一日中ダラダラしていました。
こういう風に過ごせる日も、もう残りわずかですかね。

そろそろバイト(派遣)とかも入れ始めますし、なんといっても浪人生は勉強しまくりですから、これから長期的に忙しくなりそう。

でも、2月から今日までかなり長い“春休み”状態で学校みたいに日常的に活動しなくなっていて、このままだと脳ミソが退化するような気がするので、そろそろ脳ミソを使っておく必要があるかもしれません。

もっとも、元から脳ミソのスペックは低いですけどね。だから浪人もするし。

つーわけで、明日・明後日と派遣バイトです。
多少忙しくても、たぶん大丈夫。中学のときは毎日部活でしたからね。

今日も昨日もお疲れさまです 

■帰宅!

というわけで、楽しかった3泊4日の下関・九州帰省を終えて、8日に帰ってきました。

昨日は帰ってきたばっかりで疲れていて、報告もなしに寝てしまいました。
良くないですね・・・まぁご勘弁を。

当日は昼まで大分・中津にいて、昼飯をみんなでうどん屋にいって済ませ、そして下関に帰る親戚に同行して、中津を発ちました。

車を運転する親戚に頼んで途中で北九州空港に寄ってもらい、そこで親戚とのしばしの別れとなりました。
初めて使う新生・北九州空港。
海上にありながらも、地方空港らしく広すぎないターミナルビルで、航空券を買うのも手荷物検査も搭乗も、近くて楽でした。

北九州空港は一部を除き、ほぼ羽田行きの便しかありません。
したがって、空港にいる多くの人がしゃべるのは関東弁でした。
「長距離モノのターミナルはいろんな土地の人が・・・」というのが常識な鉄道の世界を見てきた身として、これは少しつまんないですね。

さて、今回乗ったのはスターフライヤー社。
珍しい真っ黒な機体が特徴的な、若い会社という印象でした。北九州空港の移転と同じく、1周年だとか。
料金がかなり安くて、特に今回は学割を使ったので、同じ区間を飛ぶJALの普通運賃の半分ほどの値段で利用できました。

ちなみに、12~22才が激安になるJALの「スカイメイト」は当日窓口のみの販売ですが、同じような効果があるスターフライヤーの学割は予約可能。
スターフライヤーもやりますね。

というわけで、1時間半ほどで一気に羽田に飛びました。
行きに掛けた時間がアホらしくなるような所要時間。早いだけが交通機関じゃないんですよね。

そこからさらに東京モノレールに乗り、浜松町へ。
ここは行きの際にも利用しました。3日前はここから高速夜行バスに乗ったんだっけ。

京浜東北線を北上。
東京駅を出ると、隣から関西弁が聞こえてきました。
やっぱり長距離モノのターミナルはこうでないと。

上野で乗り換え。宇都宮線は階段が遠い先頭車寄りに空席が目立ちました。
E231系近郊型の甲高いモーター音や、軽い走行音がなんとなく懐かしい感じ。上野から乗るといつもそう。

疲れて眠っていた目を覚まさせたのは、蓮田駅の発車メロディでした。


というわけで、下関・九州帰省編、完結です。
このようすはいつも通り旅行記にするつもりですが、いつup出来るかはほんとに分かりません。夏休みに出来上がれば奇跡か!?

来年の今ごろ・・・というのもかなりあり得ますので、覚悟(?)しておいてください。


■今日

や~っと今日の話です(笑

今日は予備校の学力診断テストがありました。
これのせいで帰省期日が短くなったので、あまり乗り気じゃない・・・けど、そんな理由で気を抜いている場合じゃない。

受験科目は、国語と英語。
このたった2時間ちょいのために年に一度の帰省が・・・

昼過ぎには帰宅。

その後、中学の友達と会っていました。
その帰り、雨が降ってきたので、マックで雨宿りしました。
2階に行こうとするとなにやら騒がしい集団の声が。

こっ、この声は・・・妹だ・・・(゚□゚;)

なんか一部の男の子には「妹萌え」なんてのがありますが、それは妹持ちでない人の妄想でしかなくて、実際は家庭に君臨する恐怖の帝王かなんかです。
しかもそれが反抗期ときた日には、もう「KING of a family」ですから、もう手が付けられない。

声で辛うじて感づいて、即座にUターン。
こんなところで会うわけには行かない。
軍勢も劣性みたいだし。

仕方なく1階席の隅の方に座っていました。


雨も上がり、帰宅してみると、テーブルの上に赤い物体がありました。

これは今の時期マックのハッピーセットを買うと付いてくる、名探偵コナンの「蝶ネクタイ型変声機」のおもちゃ。

やっぱりマックに居たか、というのはこの際おいといて・・・
我が家はこの時、このおもちゃで盛り上がってました。

おもちゃなんで、ただ単にボタンを押すと「犯人は、あなただ!」という毛利小五郎の声が出てくるだけなのですが、これが何故か面白い。

なんの脈略もなく、いきなり「犯人は、あなただ!」と言ってのける、全くもって意味不明な蝶ネクタイ。
それを中心とした意味不明な盛り上がり。

そしてその横で一生懸命に定期券を探す自分。
そうそう、今日から定期券復活です。久々に使えるSuicaにしたのに、更新早々に無くした意味不明な状況。
結局見つかりましたけどね。寝る前に、ベッドで。


意味不明な蝶ネクタイのせいで意味不明な状況が続き、今日の分をうまくまとめられなくなった自分でした(汗

From祖母宅(大分県中津市) 

この記事は前日(7日)分です。

■九州帰省

朝起きて、朝飯を食べる前に家を出発しました。

向かったのは大分県北部の中心都市、中津市にある祖母のところです。

おじ・おば夫婦と車に乗り、関門トンネルを通り、自分としては1年2ヶ月ぶりに九州上陸。
途中でガソリンスタンドとうどん屋(朝食:定食タイムがあるらしいが間に合わなかった)に立ち寄りながら、国道10号線をひたすら南下していき、昼前に祖母宅に到着しました。

昼飯を食べた後、話がワラビ採りになり、そして遂にワラビを採りに行くことになりました。

人が採るのを見ることはありましたが、ワラビ採りは初めてです。

と、その前に採り場の近くの親戚に挨拶に行きました。
これからワラビ採りする事を話すと、

「そりゃあんた、ワラビはまだ早いで」

関東人からは“あんた”とは少し乱暴な言い方に見えますが、これは方言。“あなた”と使い方は少しも変わりません。

それはともかく、ワラビ採りには少し時期が早かったそうです。
一応現場に行って直に確認してから、買い物をして帰りました。
新しい体験が出来なかったのはちょっと残念かな?

祖母宅に帰ったら、付近を少し散歩しました。
典型的な田舎の風景。広がる一面の畑。その中に通る真っ直ぐな道路。

風が強すぎずに、優しく吹いていて、麦やその他の草や木を不規則に揺らしていて・・・時が、止まったというよりも逆に、ゆっくり、確実に、そして永遠に、この場を流れているのを感じられました。

時間を忘れて動き回り、気付いたら数時間も経っているといった生活をしている人こそ、こういった形で時の流れを感じられるのかもしれません。

さらに見て回ると、林の中の“お宮”に着きました。
小さい頃から何回も訪れていますが、改めて見るとなかなか良いロケーション。
どことなくジブリ系の物語に出てきそうな感じ。
せっかくなので、多めに画像に撮っておきました。
公開は未定。

散歩はこの辺で切り上げ、満足感を連れて祖母宅に戻りました。

さて、早くも明日は埼玉に戻らなくてはなりません。
予定としては、3月に移設1周年を迎えた、海上に浮かぶ新・北九州空港から航空機で帰宅することになっています。
空港も初めてな上、飛行機も久しく乗っていないな・・・。羽田はこの前行ったばっかだけど。

いや~、楽しいのも明日までか・・・。

From下関 

前回もそうでしたが、久々の「From」使いです。
(プロフィール参照)

■防府と下関

『寝ない』とはいったものの、結局30分ずつで2回ほど、計1時間くらい寝てしまいました。

しかし、その他の11時間は飽きずにずっと外を見てたわけです。
我ながら、よくやるなぁ・・・って思います。

防府駅前でバスを降りた後、しばらく休んでから、防府天満宮というところに行きました。
ここは太宰府などと同じく、学問の神様がいるところ。とくれば、是非行っておかなければいけません。

防府天満宮にいった後は、疲れがかなりたまってきたので、まっすぐ下関の親戚の家へとむかったのでした。

去年の滞在中に全焼した下関駅舎の立て替えた姿を初めて見ましたが・・・古くても前の方が良かった気がします。個人的に。

この詳細は、後日暇なときに旅行記で書く予定です。

さて、明日はとうとう大分に渡ります!

From高速夜行バス 

■高速夜行バス

『今晩は寝ない!』
が目標。

というわけで、高速夜行バスに乗っています。
現在は静岡市に入ろうかというところ。21:15。出発から3時間です。

バスは1人あたりのスペースが広くて、座席もリクライニングがものすごく倒れて、とても楽です。

車内は当然誰もしゃべってる人はいなくて、むちゃくちゃ静かです。
少しでも音を立てると目立ちます。

一番前に座っているので前がよく見えたのですが、21時からカーテンがかかって見えなくなってしまいました。
今は横の窓から外を眺めてます。イヤホン忘れたのが痛い・・・。

あと、バスのトイレが故障しているので、臨時で2時間おきに休憩が入るようです。

詳細は後日書きたいと思います。

楽しい・・・けど下手に動くとうるさいから肩が凝る・・・

あ~、明日の今頃は~♪ 

■高速夜行バスの切符を買いました

明日は“寝れな”さそう、というか、“寝な”さそう。

というわけで、高速夜行バスに大きな期待を寄せている自分です。

そんな楽しみな夜行バスも、席が取れなきゃ乗れないんです。
つーことで、前回書いたように、今日は朝っぱらから電話してました。

世の中は入学シーズン。
友達がスーツでキメてる頃、自分はひたすら電話を掛け続けていました。

「・・・繋がらない」

予約の電話はバス会社の方に掛けていたのですが、会社の中のいくつかある他の路線の予約も、すべて同じ電話番号なんですよ。
そりゃ予約が集中して回線も混雑しますって。

せめて方向別にでも分けていたら・・・どっちにしろ同じってことでしょうか?
まぁともかく、30分くらいしたら、ようやく繋がったわけです。


予約のやりとりを進めていくうちに、希望の座席の話になりました。

自分「なるべく窓側がいいんですけれど・・・」

WEB予約では窓なし席しか出なかったのでダメ元で聞いてみたのですが・・・
相手「それでしたら、まず運転席の後ろの席と、それから・・・」

・・・ん?

相手「反対の窓側の6番目と7番目、それと後ろの方になりますが・・・」

あれ、窓側いっぱいあるじゃん。

じゃああのWEB予約の残り席少なめ表記は何だったんだ?

とりあえず、運転席の後ろの席を確約して、電話を切ったのでした。

・・・残り席の件は、まぁあれですね、1両のバスの中でWEB予約の分担と電話予約の分担とが分かれてたんでしょうね。きっと。
それでWEB予約の方が早く埋まったと、そう解釈しておきます。

にしても、1つの路線を2つのバス会社で担当しているから、当然切符の受付も1両あたり半分ずつを分担するわけですよね。
それをさらにWEB予約と電話予約で分けるなら、1両あたり4つの予約方法で4分割されるってことになります。

今回の夜行バスは28~9人乗りのようですから、1つの予約方法につき7席しかないってことになります。

これじゃWEBの空席照会では、最初から「残り席少なめ」とでるのでは・・・?
まぁ、こんな方法で予約分担してるかどうかは知りませんけどね。


それから今回の席「1C」。
運転席の後ろの席ですが、普通なら絶好のビュースポットですが・・・もしかしたら運転室隔離で前が壁なんてことがあるかもしれません。
何せ乗ったことが無いですからね。分かりません。


まぁとにかく、席が確保できたってことですよ。
しかも窓側席。ラッキーですね♪

ここらで、明日乗るバスについて書いておきましょう。
品川BTから山口県の萩BTを結ぶ高速夜行バスで、「萩エキスプレス」という愛称がついています。
運営は防長バスと京浜急行バス。

途中、浜松町でも乗せたあと、山口県内の岩国・徳山・防府・山口・萩の各都市で降車案内をします。上りは乗降が逆になります。
今回自分は浜松町から乗って防府で降ります。

浜松町から防府まで平均12時間30分、たぶん休憩なしの旅です。

車内設備は3列シート・レッグレストのほか、トイレや無料ドリンクバーのようなものもあるようです。
飽きは無さそう。

ルートは恐らく、首都高・東名・名神・中国・山陽の各高速道。というか細かい事を省けば、ほぼそれしか無いですし。

ちなみに、防府で降車した後は山陽本線で下関へ向かいます。


夜行とはいえ乗車時間が長いですが、もともと家族で大分までずーっと車で帰省していたので、乗っている分には全く問題はないです。昼行でもいいくらい。

心配すべきは、興奮して調子こいて起き続け、最後に眠くなって終点まで乗り越し・・・なんて事態は十分起きかねるので、そこ注意ですね。


明日の晩が・・・むっちゃ楽しみだ~♪♪

「行きたい」は「行く」になった 

■帰省

前回予告した九州・下関帰省ですが、「行く」と確定しました。

時刻表は買ったのですが、結局高速バス航空機での往路・復路となる予定です。

というのも、決定したのが突然だったこともあり、行きの行程に1泊2日より長い期日が取れなかったので、未乗車の路線にあまり乗れないというマニアックな理由で、18きっぷを断念したからでした。

鉄道でなければ、何にするか。
選択肢は高速バスと長距離フェリーに絞られましたが、東京と北九州を結ぶフェリーは2泊3日かかるということで、高速バスに決定しました。

自分史上初めての高速夜行バス。とても楽しみですが・・・そのあとも問題が発生しました。

最初の目的地は下関。東京と下関を直接結ぶ便利な便があったのですが、それは去年の11月で廃止になっていたのです。

なら海峡を挟んだ隣の北九州は・・・と思っても、これがまた無いんですよ。
東京と天神を結ぶ高速バスはあっても、途中の下関や北九州は停まってくれない・・・。

で、範囲を拡大して探したら、東京~萩を結ぶ便がありました。
萩じゃちょっと遠いか・・・と思いましたが、途中で防府に停まってくれることが判明。
防府から下関までは山陽本線で1450円かかりますが、他よりは安いですから、行きはこれを使うことにしました。
問題は今の時点でバスの残りの席が4席しかなくて、しかもWEB予約では窓側の席が出てきてくれない・・・。

もう今日の販売時間は終わってるはずなので、明日あさいちで電話してみます。


そして、帰りの航空機利用にも理由があります。
そもそも、行きで期間が取れなかったなら、帰りに目いっぱい鉄道旅行してくれば良いわけです。

それをしなかったのは、やっぱり期間が取れなかったから。
下関を出て九州に行くのは7日と8日。土曜と日曜ですが、その次の月曜9日には、外せない予備校の用事が入ってしまっているのです。
要するに、8日のうちに帰らなければならないわけです。

自分のなかで、これだけ時間優先の行程になるのも珍しいですが・・・久しぶりに飛行機に乗れるというのも良いですね♪


というわけで高速バスと航空機。自分的には滅多に使わない交通機関での帰省となりそうです。
旅行記ももちろん作る予定。

あ~、めちゃくちゃ楽しみだわw



やっぱりベイスターズの速報を見るならTBSにかぎります

もう高校生ではない・・・!? 

■新年度・・・

今日は高校の友達と遊んできました。

例によって自転車で1時間ぐらいかけて遊びに行ったのですが、それもどうやらこれで最後になりそうです。

4月。新年度。
そろそろ入学式もあるし、それぞれが入学したらみんなで会う機会もないだろうから、これが最後だろう、ということです。


自分としては、これから孤高の戦いが始まることになります。

浪人して後がないということで、予備校では友達を作るつもりはありません。
軽い話し相手ぐらいはできるかもしれませんが、基本は一人でがんばる予定です。


それで、今までの友達と会うかと言えば、それは微妙。

自分の高校の友達に他に浪人はいないので、周りはみんな新しい大学・専門学校に進学していきます。
それぞれ新しい人間関係を作っていくだろうし、遊びに行くのも新しい友達とのはず。

というわけでこれからは、たとえ遊びたくても、よっぽどの事がない限り自分から誘うようなことはしない事に決めています。みんなの邪魔しちゃ悪いし。
だいたい、新しい世界にいくんだから、いつまでも過去の友達とつるんでいてはダメなんです。

とはいえ、誘われたら喜んで行きますよ。普段独りだろうし。
何回も呼ばれるようなら逆に心配になってしまいますが。

まぁ要は、こっちから突き放したりするわけじゃなくて、自分は止まったままで、みんなが離れていって、それで距離が開くのを待つ感じですね。
置いてかれるとも言いますが。

とにかく、浪人の仕方が情けなさすぎなんで、偉そうにはできないんですよ。



浪人の少ない中堅高校の出身なんでこんなことを書きましたが、いずれにせよ浪人生として、今年はとにかく自覚をもって頑張らなくては。
そのために知り合いには浪人を宣伝しまくったわけだし。

敢えてありきたりでいきますが・・・
志望大学めざしてがんばるぞ!



おまけ:身分証明書が予備校の生徒手帳になりました・・・

嘘は泥棒のハジマリ 

■卵とじ・・・

今日の晩飯はご飯と味噌汁と魚でした。

ご飯をおかわりして、さぁ納豆で締めよう・・・と思ったら、納豆は切らしていました。

どうせならと、この機会を利用して「卵かけご飯」に挑戦してみました。

実は生卵はあんまり得意じゃなくて・・・焼いたり茹でたりした卵は普通に食べれるのですが。
でも周りの人たちがとても旨そうに食べてるし、「日本人に生まれてよかった~!」とまで言うので、実は旨いんじゃないのか・・・?
と思ってたわけです。

果たして結果は・・・
うん、食えね(^-^ゞ

やっぱり無理はするべきではないということでしょうか。
食べなきゃいけないものでもあるまいし。

結局、そのまま炒めてチャーハンにしました。
卵かかってるから、普通にチャーハン作るのとたいして変わらないし。

やっぱり、生卵はダメですね。火を通さないと、喉も通らないです。
あ、でもすき焼きのときは平気だわ。

■九州帰省

急ではありますがなんと、4・5日後くらいに九州に帰省する可能性が高くなりました。

ウチの祖母が体調を悪くして、今はだいぶ良くなってきたようですが、一時期は入院までしてたとか。
受験で1年以上会ってないし、ここらで顔を見せに行って祖母孝行してくることにします。
浪人したからもう1年会えなくなるわけですし。

それに・・・行く途中にいろいろ寄り道できますしね(笑
今季は18きっぷも安いしw
とりあえず明日は時刻表を買ってきます。




そう。そうなんです。
今日はエイプリルフール。嘘が許される日。

最初から
「おめぇ、そりゃ嘘なんだろw」
と思ってた方は、今日はよっぽど嘘に振り回されてたんでしょうね。御愁傷さまでした。


しか~し、これがまた 真 実 なんですよ。ヘヘッ
依然として、行く“可能性は高い”という不確定な状態ではありますが、時刻表も買いますし、予定も組んでみるつもりではいます。

というわけで、報告でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。