スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ、どうするよ? 

■人生の分かれ道

昨日の記事の後半部分の続きみたいなのになります。

もともとかなり以前から、何らかの形で鉄道に関わる仕事をしたいと思っていました。
最初は運転士になりたくて、いろいろあった後に「一生のうちに何か形があるものを残したい」と思い始めてからは車両製造か駅舎建築をしたいと思うようになりました。それもただ製造・建築に携わるのではなく、『産み出す』ことをしたかったのです。JR九州の車両を奇抜にデザインした水戸岡氏のようになるか、駅百選に選ばれるような駅を造るか、極端に言えばそういうことです。

しかし、どちらをやりたいか、考えを固めることもなく結論を曖昧に先延ばしにしていた結果、今になって答えをだせずに瀬戸際で悩むことになってしまったのです。


具体的には、車両関係は機械系、駅は建築系の学科になります。
この場合、学科が違うことは、すなわち入る学科によって進路が決まってくる事を意味します。同時に、この大学進学が自分の人生を設計する上での分岐点になることを決定的にします。

幸いなのは、どちらも工学部で試験科目で違いがでないこと。したがって勉強内容は変わらないわけです。

ところが、機械・建築のどちらか片方しかない大学もあります。
機械系に行こうと思っていた先日までの志望校には建築はなく、春以来再び建築を視野に入れ始めた今、また志望校を絞り直さなきゃならなくなりました。


車両にするか駅にするか・・・本当にやりたいのか一過性の好奇心に過ぎないのか・・・

そもそも本当にやりたいことは何だったのか、それすら分からなくなる時もあります。
そうだと思えば、どちらかに進むことを強く望むことも度々あります。

「結局、好きな事を生涯の仕事にできるのが一番の理想だよなぁ」というクラスメートの言葉が響きます。
過去、いくどもの選択で勘違いした苦い経験が頭をよぎります。

期待が膨らむ。
不安が募る。

迷いの中、苦悩の中、明日センター試験の志願票を提出します。
スポンサーサイト

この身の行く末は・・・ 

信じられます?9月も終盤なのに、なんと蚊に刺されたんですよ!これが温暖化ってやつ?でも午前中はすっごく寒かった・・・。

■模試

日曜日に受けた模試の自己採点をしました。

そのまえに一応書いておきますが、自己採点というのはかなり重要なのです。
というのも、センター試験では成績開示がないから。あっても入学後になります。志望大学受験にセンターの結果が必要な場合は、大学入試センターの人が直接大学へ成績を送るシステムになっているようです。

要するに、センターの結果次第で受ける大学を決めようとするならば、自分の回答を記録しておいて自分で採点しなければならないのです。

あくまでも自己採点ですから、自分の回答を自分でしっかり記録しなければならないし、採点ミスとかも考えられます。
だからこそ、模試とかで自己採点の訓練が必要となってくるわけです。


つーわけで、模試の結果。
今回は私立のみを見据えた教科選択をしました。受けたのは理数系で、数学ⅠAⅡBⅢC、物理そして英語と、そして現代文、地理です。
なぜ私立大の理数系なのに現代文やら地理やらが入ってるかというと、実は自分の志望大には「センター併用」という、大学独自の英語の試験のかわりにセンターで高得点だった1教科を使うことができるという、奇跡の方式があるからです。
英語ではへたすりゃ10点もとれないけど、現代文・地理は大得意なので、まさに「渡しに船」です。

しかし実を言うと、地理は高校に入ってから一度も授業を受けたことがありません。高校では理系の道を歩んできたので。

ところが、ふたを開けてみると得点ランクは

最高点:現代文
その次:地理
以下:その他

なんとワンツーフィニッシュ。

現代文は、前半50点で1桁しか取れなかったのが後半はほぼMAX。結局は50%を少し超えた結果になりました。

地理は、最初の25点分は結構イケたのですが、その後がさっぱりでした。
やっぱりちゃんと勉強しなきゃだめですね。

その他は調整に失敗してダウンしました(o_ _)o


さて、模試の結果は最悪でしたが、これからの数か月でどこまで延ばせるかが勝負ですよ。


■どの学科に致しましょうか?

つい2・3日前までは自分の進路について、少なくても学部学科においては固めたつもりでした。

ところが、センター試験の出願をすることになっていよいよ受験が現実になってくると、急に「これでいいのか?」と思い始めました。
優柔不断といえばそれまでですが、しかし自分の「夢」について明確な答えを見失ってしまったのです。

その原因は、先日の記事で書いた「駅の絵を描きはじめた」ことによって、かつてあった『駅デザイナーになってみたい』という考えがただの一過性の希望ではないかもしれなくなったからです。

具体的に直接的に言えば、これまでは機械系志望だったのが、建築系も視野に入れ始めたのです。
自分の志望校の中には機械系はあっても建築系はない大学もあるので、また新たに志望校を練り直す必要が若しくはあるかも知れなくなりました。
そんなことを考えてたら、昨晩は午前5時まで寝れませんでした。

まぁいずれにしろ、センターや各大学入試でつかう教科にはあまり影響しないんですが・・・この時期で新たに資料請求してる自分がいます。。。

ゴホッ・ガホッ・グハッ 

■風邪

まだなんか風邪気味です。
というか喘息っぽいです。

つらかったのは2・3日前の夜、寝る時。
呼吸しようにも鼻は詰まるし、のどは激しくゼーハーゼーハーと喘息っぽい音をたてる始末。寝ようにも寝れなかったです。

まぁそれも少しはよくなった今日、あろうことか体育は3000m持久走になりました。
休んでりゃよかったのですが、今朝はせきが少なくて状態も良かったから走ることにしました。

ところが走りはじめた直後から息遣いが喘息っぽくなり始め、せきはないものの喉が音を立てていました。まさに“予想外デス”。

当然リタイアを考えましたが、走りだして1周もしないのにリタイアするのは非効率でなんとなくウザいし、なんとなくイケそうだったので、『あともう少し悪くなったら』という事にして走り続けました。

しかし、その『あと少し』になかなかならず、しかもrunner's high状態に入ってしまい、いつしか300m×10周を完走していました。
もちろんタイムなんて伸びません。もうやだ。次は間違いなく見学にしよう。

■Picture

最近、絵を描き始めました。
前々から鉄道を被写体に描きたいと思っていたのですが、先の日曜日の模試の帰りに大宮駅の新幹線ホームでスケッチ(らしきもの)を描いたのがキッカケとなりました。
っても熱中してるわけでもなく、気が向いたら授業中にプリントの隅に描いてる程度です。

今のところ描くのはもっぱら駅の風景。そしてほとんどが架空の駅です。「こんな駅があったらオモロイな~」てな感じ。
当然ながら他人に見せられるようなモノでは無いですよ。線とかぐにゃぐにゃだし。

まぁ1ヵ月もしないうちにやらなくなると思いますよ。受験生だし、続いてたらむしろ問題。
その頃には公開できるレベルには・・・ならないだろうなぁ。

ブログブログブログゥ~ 

わかった。『馬鹿は風邪をひかない』んじゃなくて、風邪をひいても馬鹿は自覚しないんだ。だから周りから見ても風邪を引いたとは思われないという仕組みなんだ。
というわけで風邪まっさかりで体育したりサッカーしたりしてます♪

■パソコンラック

パソコンラックの新しいのを買いました。
春以降、引っ越してからの半年間は段ボール箱を台にして使っていたのですが、その旧態のみずぼらしさも相まってか、ラックを組み立ててからのパソコンはなんだかとっても格好良く見えます。
ってもパソコン自体は相変わらず調子悪いですが・・・。

まぁいずれにせよ今は自由にパソコンを使える立場じゃ無いですけどね。

■ブログ

それはそうと、最近身の回りの友人が揃いも揃ってブロガーだったことが発覚しました。ったく何やってんだよ!って自分もか。

みんなのブログを見てると、やっぱり文章が面白いんですよね。それに読みやすいし。そこで自分のを見ると・・・ナンデスカコレハ

まぁね、ここは「旅始駅」の補助的な目的で最初は作ったわけだし、タイトル下に『自分が書きたいことを書く』ってありますし、もう割り切ってます。所詮は携帯からの投稿だし。へっ

ちなみに他人のURLは聞いといて自分のそれは教えてません。改めて見るとヒキョウですね(汗

その理由は恥ずかしいから。ってのも消費税くらいは入っていますが、主な理由は他にあります。

さかのぼること2年前、「旅始駅」のさらに前の「鉄道旅行記がメインのサイト」の独立の時から自分のなかにあった幾つかの原則のなかに、

『現実の知り合いにサイトの存在を洩らさない』

というのがすでにありました。
というのも、アクセス数を純粋に『ネット上の人』に限定したかったから。自分のサイトがどれくらいの人を集められるのか。ある意味では挑戦でもあったわけです。
また、せっかくサイトを開くからには新しい交流も欲しいじゃないですか。ほら、掲示板とかで現実の内輪話で盛り上がってると他人は書き込みしづらいじゃないですか。
それに、コメント欄が知り合いばっかりだと情けない気もしますし。

まぁ要するに、リアルはリアル、ネットはネット、って区別してるわけです。

とはいうものの、やっぱり教えようかと思います。存在は認めてるのに自分だけ教えないのもアレですし(もっとも、いままでの人生で似たような事はいくつも平気でやってきましたが)。
教える人は限定しますけどね。みんな、来ても「来ちゃったよ~ん」とかいらぬから。そーゆーのはメールでねっ(;^_^A

あ、でもネットで公開してない現実のことはいっぱいあるし・・・やっぱやめよかな・・・。
でも友人の一人は同じfc2だからいつか来ちゃうかも。でもHN知らないからいっか。

やっちまった・・・ 

■季節の変わり目

夏から秋へ変わるこの時期。見てるだけなら四季の変化の過程という素晴らしい光景を目にすることが出来る時期ですが・・・


鼻水が止まらねぇ


昨日の夕方ごろから鼻水が止まらなくなり、くしゃみをしようものなら容赦なくダラーンと。

夜なんかもひどかったですよ。
暑くて汗もかいてるのにクシャミの嵐。暑いのか寒いのか自分でも区別できない状態でした。


そして今日。
一晩たって鼻水は治まるどころかさらに悪化。もう鼻水と思えないほどサラサラで、しかも切れ目ナシの大増量サービス♪
って“おんぷ”だしてる場合じゃないっ!マジデヤバイ

自前のポケットティッシュは始業前に使い切り、クラスの人に借りたティッシュ一箱を午前のうちにあっさりと消化。紙がなくなった午後はトイレから新品トイレットペーパーを拝借し、それも1Mは軽く使った模様。

10秒に一度は鼻をすすっている有様で、鼻は赤くなっていました。


原因は花粉などではなく、この微妙な温度感が影響しています。
この季節は昼間はまだ暑かったりしますが、建物などのクーラーの効いた部屋だと寒く感じ、外は真夏ほどのブワッとした熱さはなくて緩い温度なんで、冷えた体が戻らなくておかしな温度感になってしまったようです。

で、だんだんセキとかも飛び出し始め、家に帰って熱を測ったら、とうとう風邪だということが確定しました。日曜には模試が控えてるのに・・・。


とか言いながら明日の体育は出る気まんまんな私でした。

久々にね 

久々・・・すぎるほどですが、「旅始駅」を更新しました。3月以来ですかね。

てか更新休止だったはずなのですが、正月の旅行記が2Pを残して未だ完結してなかったので、実は春先からちょこっとずつ作っていました。

まぁこれで旅行記も完結したし、もう進路が決まるまでは旅始駅の更新は無いものとみていいと思います。

というただの宣伝です。新URLが微妙に浸透してないようですしね。

秋の祭り・文化祭! 

■文化祭

先の土日、うちの学校では文化祭がありました。

うちのクラスはおばけ屋敷をやることになりました。
ただでさえおばけ屋敷は設営や当日の分担などの準備に時間がかかる部門なのに、先週まで体育祭があった関係で時間が少なく、直前はかなり忙しかったのです。

しかし、そのせいもあって準備の段階からクラスの団結力が一気に深まり、結果とても楽しい期間になりました。

文化祭当日もおかげでスムーズにいき、内容的にもコンセプトや計画がしっかりしていたことから大盛況となり、校内のおばけ屋敷部門で2位の評価を得ました。

ただ個人的に一つ文句があるとすれば、ある箇所の「プロフェッショナル」と言われてしまったがために、2日間に渡る文化祭のなかでその箇所だけしか出来なかったことですね。人数が足りなかったことが原因なのですが。まぁさすがに飽きますよ・・・。

今回が高校生活で最後の文化祭となりましたが、最後が大盛り上がりで超楽しく過ごせたのは良かったです。3年の行事は特に思い出になりますからね。
でも、これから受験に向けて黙々と過ごさなければいけないことを考えると、楽しさの分だけ寂寥感も大きくなりますね・・・。

ともあれ、楽しい文化祭でした。まぁいくら楽しいったって、同じことをもう一回やれと言われても絶対にやりませんよ。すっごく疲れるから。

■本

気温も下がりはじめ、とうとう秋到来、というところに来てますね。

読書の秋、というわけではありませんが、先日またインターネットで中古本を買いました。
買ったのは前回と同じく「新・全線全駅鉄道の旅」のシリーズで、今回は3の奥羽・羽越と6の中央・上信越です。これでJR東日本管内はすべて揃いました。

少々古い本なので、知らない私鉄があったり、また廃止された碓氷峠がまだあったりしますが、山形新幹線が開業直前だったり北上線の「陸中川尻」が「ほっとゆだ」に改称された直後だったりと、JRらしさが表れはじめた頃でもあります。
乗り鉄と自負する自分としては、沿線の歴史や観光地などが詳細に書いてあるこの本は本当に読みごたえがあります。
似たような本で最新版のがあればいいなぁ。

秋ですね~ 

■文化祭

ここのところ関東では数日にわたり雨が降り続いています。秋の長雨、ってやつでしょうかね。

さて、うちの学校では、今度の土日に文化祭が控えています。秋って感じがしますね~。
今年は体育祭のすぐあとになり、日程的にキツくなりました。けっこう忙しかったので日記から遠ざかってた、という言い訳をしてみたり。

今日の3限目からは授業を中断して準備をすすめています。みんながんばってるので、自分もそこそこがんばってるわけです。

体育祭のち文化祭、ところにより暇 

■運動の秋

ご無沙汰です。
前回からこれだけ間が開いてしまったのは何故かというと、実は「体育祭」が今日あったことが関係します。
といってもクソ真面目に応援団や実行委員会で青春っぽく頑張ったわけでは決してなく、ただ休み明けや体育祭前で学校が早く終わったから、久しぶりに会った友人らと遊び過ぎ、家に帰ってすぐに寝て、夕飯で起きてから風呂入って寝る、という隙のない日々を過ごしていたからなのでした。

つーわけで今日は体育祭。学校行事のなかでも“いらない”部類に入る行事です(運動が嫌いなわけではないので念のため)。
今日は曇りながら暑い天気で、自分の種目以外はやっぱりダラダラでグダグダな感じになりました。この待ち時間が嫌なんですよね。

ちなみに昨日は雨降る中で予行をし、風邪引き寸前になりました。まったく教師陣は何を考えてるんだか。

ちなみのちなみで、私の個人種目は障害物競走でしたが、ゴール5m前まではトップでしたが最後にミスり、結果3位でした。あーあ。


というわけで、暑さで体力を奪われて疲れた今日の体育祭でした。
・・・近々、文化祭があります。予定詰めすぎだっての。

もう9月か 

しばらく放っておいてすんませんでした(ぇ

もう学校が始まってしまいました。初日早々から寝不足がたたってお腹をこわし、始業式の間ずーっと我慢してました。
おかげで半日なのにすっごく疲れました。

つーか明日からまた休みじゃん。調子狂うわ~。

■本のハナシ

私の2年のサイト運営の歴史のなかでも初めての、本の紹介。鉄道系です。

題名は「全線全駅鉄道の旅」。ちょうど15年前発行の比較的古い本です。編成委員に宮脇俊三氏や原田勝正氏。

私の「旅始駅」の中の路線案内の『沿線の様子』をさらに詳しく幅広く書いたような本で、タイトルどおり全国の鉄道全線全駅が地区別にシリーズになって書いてあります。全12巻。

そのほか巻頭の旅行記、路線の歴史や、鉄道コラムなどが細かく書いてあり、鉄道旅行する上での知識になる本です。

私は5巻の『東海道』の本を持っていたんですが、実は「旅始駅」作成の上でこの本の影響はかなり大きくて、『旅行記』のみならず『路線案内』や『鉄道のお話』において、知識の参考のほか、書き方なども微少ながら参考させてもらっています。

もともとは小学生の時によく分かんないで買った本だったのですが、今では愛読書。つい先日にインターネットで『関東』『東北』を買い、3冊になりました。
ゆくゆくは全巻読みたいですが、もう書店には無いみたいです。こういうときにインターネットは便利ですね。

つーわけで、本の紹介でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。