スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山に行きました 

■登山

昨日・一昨日と、山岳部で登山に行ってきました。
前日の予告では、夜にテントの中から登山の様子をお送りしようということだったんですが、電波がありませんでした。当たり前、山のなかだもんね。チャンチャン♪

まぁ送信しなくても文章だけをその場で書いてリアルっぽくすることも出来たのですが、テレビとか見てるうちに(地デジの電波は来るのだ!)電池を消耗し、省エネする必要があったので無駄に携帯を使えなかった次第です。

つーわけで、登山のハナシ。

今回登った山は「乾徳山(けんとく)」といい、山梨県にあります。中央本線、長野色の普通電車でトコトコと1・2時間ゆられ、塩山駅が最寄り駅。登山口まではタクシーに乗りました。

今回は雨の心配があったのですが、天候にも恵まれ揚々とした気分での歩きだし。列の先頭は私になりました。
先頭はいわゆるペースメーカーの役割があります。今回は1年生が初めての登山だったので、ゆっくり歩くことになりました。が、自分のペースより遅いスピードで歩くのは意外と大変で、運動不足も相まって最後はバテバテでした。

●テント場

初日は「高原ヒュッテ」という、廃屋があるテント場までで切り上げます。
テントは1年生にレクチャーしながら問題なく組み立てられ、夕飯の時間になるまで中で休憩しました。蒸し暑いのなんのって。

で、夕飯。
今回はかなり手を抜いてレトルトカレーをチョイス。米を鍋で炊いて熱湯を作れば実質的に完成でした。

夜。消灯を過ぎる頃、外から何やら足音が聞こえてきました。正体はなんと野性のシカ!
貴重な体験だな~と思ってしばらく耳を澄ませていたんですが、そのうちクッチャクッチャと草を食べる音が聞こえ始めました。
あっちからもクッチャクッチャ、こっちからもクッチャクッチャと・・・寝れねえよ!

ま、なんとか寝れましたけどね。

●2日目

朝4時に起床。ウチの山岳部では普通の時間です。

朝飯は、これまた手抜きのチキンラーメン。熱湯を作れば実質的に完成です。

飯が終わったら登山の準備。テント等はそのままにして、サブザック(小さいリュック)に必要なものだけを入れます。また戻ってくるので最低限の装備なのです。

朝6時から登山開始。2日目は頂上を目指します。
やっぱり遅めのペースで、のろのろと歩きます。

「扇平」という草原を経由し、森の中を歩いていくと、次第に岩が多くなってきます。クサリを使って岩をよじ登っていく所とかも出てきます。

そして頂上前。最後にラスボス的な高いクサリ場が出現。これは見た目は恐いですが、1年生1人を除いて全員が登り切りました。登れなかった1人は迂回路を通りました。

クサリ場を登り切ったところは、いよいよ頂上です。標高はだいたい2000mぐらい。
さあ景色は・・・360゜真っ白、ガスってて下界はまったく見えませんでした(涙

そんな頂上を後にし、来た道とは違う道で下山します。
下りは1年生を顧問に任せ、私と同級生はペースを無視して早足で下りました。登りの半分くらいの時間でテント場に戻った気がします。

テント場に着いた後は昼飯を食べ、テントの撤収をしました。そして荷造りをしてさぁ行くか・・・という所でポツポツと雨粒が落ちてきました。
もともと2日目は雨が降るだろうということだったんですが、まだ小雨程度だったんでそのまま下山に入りました。実は道が森の中なんで、あんまり雨粒がかからないんですよ。

テント場からの下山の時も、頂上からの下山の時と同じく早足で駈け下りるようにして後続を断ち切ってダントツトップで下山しました。

今回の山は、クサリ場もあり、湧き水は美味しいし、野性のシカにも遭遇したりして、とても楽しい登山でした。って、実は去年にも同じ山に登ってるんですけどね。

そして、これが私にとって最後の登山になりそうです。残念ですが、大学受験がありますからね。山岳部最後の活動である来年3月の「卒業記念スキー」を心置きなく迎えたいものです。
スポンサーサイト

いま山にいきます 

■登山

これまでの日々のハナシにビミョ~に出ていた山岳部での登山に、とうとう明日(日付としては今日)いきます!

これは山岳部としては当然ながらメインとなる活動になるわけで(その割にはお出かけ気分な私)、先週辺りから準備を進めて来たわけです。が、今週末の天気の予報がビミョ~によろしくない雰囲気。水曜までの予報では降水確率が50%を超えていて、延期の可能性もありました。
でも金曜の予報では土曜が曇り、日曜はわずかな雨ということで多少ながら良くなったようなので、顧問の判断で半ば強行突破となりました。

しかし、メンバーに問題が発生。なんと怪我で2人が脱落になりました。2人とも怪我は軽くて、もし登山が延期だったなら復帰できたらしく、「予定通り決行」がなんとも皮肉な結果となりました。
ま、延期したならばその時は私が欠席になっていたわけですが。

それはそうと、今回は1年生の初の本格的な登山となります。2年生が欠席なので私ら3年生が牽引しなければならないので、とにかく面倒を起こしてほしくないものですよ。今年の1年生はひ弱そうなのばかりだから特に心配。まぁ死にはしないでしょ。ね?

ま、そんなわけで明日は登山です。できれば山の上から明日の日記を書いてみたいです。

妙な思い入れの話 

久しぶりにPCでの書き込みです。っても文章のほとんどは携帯で作ったのをPCに送っただけですが。にしても久しぶりにキーボードに触ったらもうグダグダだわ・・・。



■コナンのタイアップ

名探偵コナンの10周年を記念して、愛内里菜と三枝夕香(と、コーラスにスパークリング☆ポイント)のコラボで「100もの扉」という曲を歌っています。

私は、音楽を聴くきっかけがになったくらいにコナンはよく見てるんですが、今回のこの企画は個人的にあんまり興味ナシ、です。理由もナシ。
まぁ強いて言うなら、カップリングにあるらしい「謎(小松未歩)」と、「Still for your love(ルーマニアモンテビデオ)」に少し注目してみたいですが、どうやらカバーされてるらしいので、あえてほっときます。(オリジナル主義)

それはそうと、先に書いたとおり、私の音楽の原点の一つはコナンです。コナンのOPやEDにはビーイングの歌手が多く(むしろ専属?)出てくるので、自然とビーイングの人を覚えてしまったようです。GARNET CROWなんかはまさにそう。
倉木麻衣なんかは知名度もかなり高かったので、コナン以外から入ったというのもありますが、やっぱりコナンの影響は強かったです。
要するに、ビーイングのタイアップ戦述に見事に引っ掛かったわけです。

だから、倉木麻衣や小松未歩、GARNET CROW等の曲のなかでもコナンで使われた曲は強く印象に残っていて、タイアップから降りた後でもサビの部分でOPやEDの映像が思い出していたりしてます。
中でも特に強いのは、倉木麻衣の「Secret of my heart」のサビで、コナン登場人物である毛利蘭が、歌にあわせて口が動かしてる映像が今でも頭のなかに出てきたりします。

そういう意味で、コナンタイアップの曲は、特別な印象をもって聴くことが多いです。例えば声が違って聞こえたり。

また、コナンの後の番組が「世界まる見え!」だったので、コナンのEDを聴いていて「次は『まる見え!』かぁ」とか思ってるのが、なぜか記憶に残ってたりします。GARNET CROW「夏の幻」とか。意味不な記憶ですね。


私はこういう妙な所で曲に思い入れがあったりするのです。

登山のための金稼ぎ 

■金稼ぎ

来週の土日に、山岳部で登山に行きます。

3年生なので、これが最後の登山になりそうなのですが、最後の最後はある事情で、親からの援助が一切無い、つまり自費負担になりました。だから先週の休みも派遣バイトで仕事をしたわけです(人材派遣会社にスタッフとして登録してるのです)。

ちなみに先週の月曜は、その前の土曜に学校があったので振り替えで休みだったので、働けたのでした。こんなボーナス休日にも働いたなんて偉いでしょ?

そして今土曜日もまた、仕事を入れました!
実は登山の費用は足りてるのですが、参考書とかを買わなければならないので・・・。今年は成績不振でおこづかいが出なくなってしまって、自分で稼がなくてはならないので。

ということで、明日は舞浜に行きます。遠いですが、交通費は出ます。問題は時間ですが、6時24分に蓮田駅発なら鉄道の旅で慣れてるから、まぁ大丈夫。
あとは士気低下が起きないように気を付けるだけ!頑張るぞ~!

あ、そういえば小銭の貯金が5000円近くあった気が・・・。わざわざ仕事に行かなくてもよかったかも・・・(ぁ

W杯そして派遣のハナシ 

“わーるどかっぷ”と打ってW杯と一発変換できる頼もしいmyケータイです。
というわけでW杯のため予定を繰り下げてお送りしてます。

■W杯前半戦

というわけで待ちに待ったW杯日本戦です。まぁサッカーは私は全然知らないんですが、相手のオーストラリアは初めてといって良いくらい久しぶりの出場らしいですね。

で、まずは前半戦。先制しましたね。オーストラリアに押され気味でピンチもあったわけですが、失点はなし。好セーブっていうんですか?続いてました。
先制ゴールは中村俊介。なんかパスがたまたま入った感じでしたね。こちらのFWがファールっぽかったんでオーストラリアが抗議してましたが、とりあえず先制点になりました。

■後半戦

ゴールに近いところでの相手のフリーキックでのピンチが2回ありましたが、なんとか84分ぐらいまで凌いでいました。

が、そこから同点にされ、そして逆転を許してしまいました。
その後大黒を入れてディフェンスを削り点を取りに行ったら、ロスタイムにまた点を取られ、結局1-3で終わってしまいました。

ん~、残念です。負けてしまいました。この後はクロアチアとブラジルですか。勝つのは難しいのでしょうが、野球のWBCでも奇跡が起きたように、W杯でも勝ちを期待したいですね。

■派遣バイト

昨日、派遣のバイトに行ってきました。

最初は現場待機とかいうやつで、朝集合場所にはいくものの、メンバーに休みがいなければその場で帰ってよし、というもので要するに補欠なわけです。それでもお金はもらえるというお得な仕事?。

で、こっちもそのつもりで軽い気持ちで集合場所に行ったんですが、まさかのドタキャン野郎発生!補欠の私が代わりに仕事に行くことになりました。帰りに埼京線の北戸田駅を見物しようと思ってカメラまで持ってきたのに・・・。野郎・・・。

ドタキャン野郎が後悔するほど楽しくてラクな仕事なら良いのになぁ、とありえないことを考えながら15人前後と多めのメンバーに付いていったのですが、派遣会社の不手際で、詳しい仕事場の位置がわからず、それらしい所で20分近くうろついていました。やりぃ、時間が稼げたぞ!

20分ほどでやっと仕事場がわかり、就業。
今回はイベント会場のスタッフ&片付け。接客ということで、仕分けなどよりもワンランク上の給料となっています。しかも子供福祉のイベントだかで相手は子供なので比較的ラク♪まぁ障害を持った子供たちなんで、大変といえば大変ですが。

スタッフといっても具体的には射的や輪投げなどの「お店やさんの人」みたいな感じの仕事。まるで高校の文化祭とそっくりなので、やりやすかったです。ラクっちゃラクだし。

また、イベント会場には「水族館」と称して、水槽のなかにヒトデやらイソギンチャク等を入れたのを見てもらうコーナーもあり、一時はそちらの手伝いもしました。水族館の人は我々と同じく外部の人。あの有名な“さかな君”と話したことがあるみたいで、いろんな事を話してくれました。彼はテレビの外でもあの高テンションなんだとか。

そんなこんなであっという間・・・では無かったですが、どうにか8時間がすぎていきました。なかなか楽しかったです。

■派遣バイトその2

以上が昨日日曜日の話。
で、今日も派遣バイトに行ってきました。昨日がもともと現場待機でしたからね。今日はハーフにしました。

ハーフは3時間程度の短い仕事。なんでも宝石店の催し場の設営と解体ということで、やっぱりワンランク上の仕事です。朝っぱらから東京の銀座に出向いていきました。

3時間なので軽く考えていたのですが、椅子やソファーやテーブルを片付けたりして実際は力仕事ばっかりで、3時間で8時間分も働いた感じがしました。
・・・疲れたなぁ。

この2日間で給料は10000円ちょい。交通費も入ってますので、実質8000円台です。

ところで今回、なんで仕事に躍起になっているかというと、実は今月末に山岳部で登山があるのです。だからこのお金は、次の登山に全て注ぎ込まれる予定なのです。

というわけで、2日間の派遣バイトの話でした。

垂井の迂回線 

■新垂井駅

今回は気分で、東海道本線の垂井付近の迂回線について話をしましょう。

“垂井の迂回線”とは、岐阜は大垣の先、関ケ原付近の急勾配を緩和するために既存の本線と離れ、大垣の先から関ケ原駅の手前までの迂回線を作ったものです。
また、この区間は急勾配のため、かつて下り線は補助機関車を必要としていたのですが、役目を終えた機関車の回送で上り線がふさがるのを解消する目的もあったようです。時は戦時中。無理もしますね。

そういう訳で迂回線が建設され、下り列車が通るようになりました。おかげで下り列車の補助は必要なくなり、機関車回送の問題も根本から解消されました。

しかしここで問題が発生。迂回線が迂回している間、本線には垂井という駅があり、つまり迂回線は垂井駅を通らないのです。

これをどう切り抜けたかというと、迂回線に新垂井駅という駅を作ってみたわけです。
それでも不便さは変わらなかったようで、垂井―新垂井の間に連絡バスとかを走らせてみたものの、やっぱり上下線で駅が離れること自体が問題だったようです。

結局、戦後になってから本線の旧下り線に区間列車が走りはじめ、新垂井のほうは昭和61年に廃止されました。

現在、迂回線は普通列車以外の列車が通っているようです。電車なら本線でも大丈夫ということで、普通列車はすべて本線の垂井経由です。

というわけで、東海道線の岐阜県は垂井の迂回線について書いてみました。

落ち着け 

■18歳

私も、次の誕生日が来たら18歳になります。

・・・18歳かぁ。18になるといろいろ出来るようになりますよね。
先週の話ですが、山岳部の1つ上の先輩3人が高校に遊びに来まして、部室でしばらく話していました。そこで先輩3人が取り出したのは、「運転免許証」

ショックでしたよ。先輩といえども、ついこないだまで高校生だった人が、何だか急に大人になった気がして。この人たちももう車が運転できるんだ~って。

野球界でも、とうとう同じ世代がドラフトにかけられるようになります。もう信じらんねぇ。

そういうことを考えると、なんか部活か何かで午前だけ学校に行った時の帰りにファミレスに寄って飯食ったり、夕方から中学の友達と小学校の校庭でサッカーなんかやってる自分がガキっぽく見えて、まわりの“凄い同級生”と同じ歳だとはとても思えなくて情けないような気がしましたが、まぁこれはこれで自分という存在を維持する事としては良い事なのかもしれません。

ま、運転免許証は取りますけどね。受験が終わった後に。

■ひとこと

絵本を読んで心に癒しを

言い訳いっていいわけ!(うわっ 

■いてて

今、両足が筋肉痛です。おまけに夕方とかかなり眠いです。

なんでそんなに疲労感があるのかといえば、運動不足にも関わらず、サッカーやら野球やら5Kmランニングやらをやってたからだけではなく、国語の宿題やら化学の実験レポートやらが夜中までかかったから寝不足状態なんですわ。

というわけで今までブログ更新をサボってました。書きたいことはあるんですが、今はパソコンを自由に使える身ではなくて更新はケータイのメールを送信しているような状態な訳でして、細々した作業を長時間続ける事を考えると、早く寝てしまいたくなるわけですよ。

でも、明日(正確には今日)は必ず更新してみせます。要チェック!

あっつ!さっむ! 

■夏

早いもので、もう6月。ということで夏服へ衣替えとなりました。

すでに気温としては30度を越えるような日もあったので、ようやく制服もさっぱりできたわけですが、個人的には引き出しの多い冬服のほうが好きなので少し複雑。

しかも、この時期はまだ肌寒く感じる時もあり、気温の変化に弱い私はこの時期は鼻水ダラダラなのです。しかも今年は風邪が重なっても~大変!慣れればいいんだけどなぁ。

そして今朝はワイシャツをどう着ればいいか迷ったりもしましたが(冬はワイシャツなんか見えないし)、初日はなんとかなりました。

そして冬服はといえば、今はまだ部屋のハンガーに掛かってますが、そのうちクリーニングにでも行くんでしょうね。ポケットの確認しなきゃなぁ。ガムなんかが入ってたら大変だしね。

■ブログ名「209-0の0-902」

倉木麻衣のケータイサイトで見れる日記「くらきまいnoイマキラク」にならって自分流に代入してみました。はい、なんでもありません。

そういえば、有名人の日記でもおもしろいモノとかがたまにありますよね。
GIZAを含むビーイング系の歌手のファンなら知る人ぞ知る、大野愛果(作曲家)という人の日記はかなりおもしろいですよ。

このひとは倉木麻衣等のGIZA・ビーイング系の人の曲の作曲をしてる人ですが、大阪の人みたいで、内容がおもしろいです。

そんな大野愛果さんの日記「Column」はGIZAの公式サイトの大野愛果のページから行けます。大野愛果を知らない人もぜひ見てみてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。